自分の心の状態をうつ病のチェックシートで確認!

ドクター

うつ病の可能性をチェック

うつ病であるかどうかの正式な診断は心療内科などの医師が行いますが、自分である程度の状態をチェックすることもできます。チェックに当てはまる項目が多ければ、適切な治療を受けるためにも医師に診断してもらいましょう。

Read More

看護師

うつ病チェックのポイント

うつ病と正確に診断できるのは心療内科や精神科の医師ですが、受診する前にセルフチェックでうつ病の傾向にあるかどうかを知っておくことも良いでしょう。医師に自分の困り感や辛い症状の概要を伝える場合にも役に立ちます。

Read More

相談

うつ病の診断を受けてから

うつ病と病院で診断された場合には、カウンセリングや投薬などによって治療が行われます。うつ病はしっかりと病気に向き合って治療を進めると必ず良くなるものです。医師から支持されたことをきちんとチェックし、実行していくことが大切です。

Read More

男の人

うつ病の診断は早めに

うつ病の疑いがあったら、まずは専門サイトで簡易診断を受けましょう。質問に10個程度答える診断で、疑いをチェックすることが出来ます。そして怪しいなと思ったらすぐに病院へ向かいましょう。

Read More

自分がうつ病どうかを知る

カウンセリング

気分の落ち込みや不安が続く期間をチェック

一時的な気分の落ち込みは日常生活において珍しいことではありません。何かに失敗したり楽しみにしていたことがキャンセルになったりして、一気に暗い気分に包まれたという経験は誰にでもあることでしょう。その状況は時間によって解消していき、好きなことに打ち込んでストレスを解消することやゆっくり眠るなどすると、短時間で気持ちがリフレッシュするものです。しかしうつ病の場合にはやや状況が異なります。うつ病であるかそうでないのかは、気分の落ち込みが短期間で解消するかどうかをセルフチェックすると良いでしょう。気持ちがすぐに回復し、嫌だったことをすぐに過去のこととして切り替えがすぐにできる場合はうつ病の心配がほとんどないと言えます。一方で、気分の沈み込みの状態がなかなか解消せず悲観的な考え方から抜けられなかったり、漠然とした不安で心が落ち着かなかったりする期間が1週間程度続く場合には、うつ病の可能性を考えて心療内科の受診をお勧めします。気持ちをリフレッシュさせるための趣味にも興味がわかない場合や、好きな食べ物を見ても食欲が出てこないという場合にも心が弱ってきていると考えられます。これらのような状況も1週間以上経過しても回復しないようであればうつ病のサインとして要チェックです。自分が不甲斐ないからとか、何をやっても上手くいかない、見通しが立たずに辛いなど、そのように思い込んでしまうことで更に症状が進んでしまうこともありますので、考え方が否定的になりがちであったり悲観的に物事を捉えるようになっている場合には、必ず適切な診断を受けることが必要です。自分がうつ病なのかをチェックする時には、それらの気分の変化が長期化していることを一つの目安とするのが良いでしょう。もちろん、うつ病は適切な治療と投薬によって回復することができる症状です。ゆっくりとリラックスして休養をとることや処方された抗うつ薬を服用すること、ストレスの原因となっている物事から距離を置くなどの方法で症状を軽快させていくことができます。長期化した気分の落ち込みがある場合にはすぐに専門の医師の診察を受けることが重要です。